蒼空坊主の女遊びブログ

皆様にとって価値のあるブログを目指します

【p活したい女子へ】パパ活では無く兄活をするデメリット:3選

こんにちは。蒼空坊主です。
以前のブログで「兄活をするメリット」をご紹介させていただきました。

 

過去記事はこちら👇

http://【p活したい女子へ】パパ活では無く兄活をするメリット:3選

 

今回は逆に「兄活のデメリット」をご紹介させていただきたいと思います。
メリットばかりでは無くデメリットもありますので、それを踏まえて兄活するか判断いただければと思います。

それでは!!!

デメリット①:男性の数が少ない

まずはこちらです。男性、つまり兄の数が少なく他のpjさん(兄活女子という呼称はあまり聞かないため、兄活する女子もこの呼び名で説明します🥱)との争奪戦になりがちです。

最近は20代男性の参入も増えてきたなと感じますが、やはり40代以上のおじさまよりは圧倒的に少ないです。つまり「どうせデートをする(体を売る)なら若い男性が良い!」と考えていると活動の機会が少なくなってしまうことがあるということです。

ようやく相手が見つかったと思ったら変な人だった…というパターンもあるので母数が少ないのはデメリットかと思います。

対抗策としてはいくつか考えられますが、プロフィールやSNSでの投稿の中で「若めの男性と会いたい」と明示しておく、とか自分から根気よく相手を探す、というのが挙げられます。
また、私の考えでは兄活している男性は「地雷系」「派手髪」が好きな人が多いです。
こういった系統のpjさんは自身をアピールしていくと兄活男性がホイホイとやってくるかもしれませんね。

デメリット②:1回の稼ぎが少ない

2点目はこちら。兄活をしている男性というのは、同年代の中では稼いでいる方が多い傾向にありますが、パパ活と比較するとどうしても収入は低くなりがちです。
相場感で言えば、大人🏨ならパパ活も兄活も変わらない気がします。しかし健全デートだとパパ活の方が稼げる確率が高いです。

これは男性の収入の問題もありますが、兄活男性側からすると比較的選び放題な部分があるのです。なのであなたが提示した額より安い額で会えるpjさんがいたらそちらを選んでしまったりします。

もちろんお金をたくさんくれる男性もいるので一概には言えませんが、あなたが短期間でガッツリお金を稼ぎたいなら正直おじさんと会った方が良いと思います。

デメリット③:リピーターになりにくい

最後はこちらです。これはデメリット①②でもちょこちょこ書いていますが、この界隈では若い男性の数が少ないです。そのため少数の男性に多数のpjさんがアプローチする形となってしまいます。

それに加え、兄活男性のほとんどは「色んな女の子と遊びたい」と考えてこの界隈にやってきます。1人の女の子と長く会うのであれば普通に恋愛しますからね。
特に大人🏨をしたらよほどのことが無い限り次回は無いと思います。
遊びたいという思いの最終地点は合体することですので、一度抱いてしまったらその子に会い続ける理由がないですからね。

男性を自分のリピーターにしてお金を稼ぎたいのであれば、相手に魅力を感じてもらえるようになる、とか自分からアプローチし続けるなどの努力が必要になるでしょう。

 

最後に

今回は兄活のデメリットとして3選挙げてみました。
まとめると「会えない・稼げない・続かない」といった感じですね(¬_¬)

しかしながらこれはおじさんとパパ活するのと比べれば、という話ですし別記事の通りパパ活では得られないメリットもあります。
パパ活と兄活のどちらにするかの参考になれば幸いです。

それではまた別記事にて🖐️

 

 

【p活したい女子へ】パパ活では無く兄活をするメリット:3選

 

こんにちは。蒼空坊主です。
6月も中盤になり暑くなってきましたね。
18歳になった女子高生、大学に慣れてきた女子大生の方々にとっては出費が増えがちな夏に向けて、パパ活デビューをしようと考えている方もいるのでは無いでしょうか。

今回はそんな女子向けに、パパ活では無く「兄活」をするメリットを紹介したいと思います!

そもそも兄活ってなんだろう?

この記事を見てくださっている貴方は「パパ活」とはどんな行為を指すのか、ある程度ご存じだとは思います。
今回あえて「兄活」と名前を変えてはいますが、やる事自体はパパ活と同じだと思っていただいて大丈夫です。

パパ活との違いを挙げるならば相手の男性が比較的若めであるという点です。
相手の男性が若いと何か良いことがあるの?という点にフォーカスしてみましょう。

メリット①:一緒に歩いていても不自然に見えにくい

まずはひとつ目のメリットです。というかおそらくこれが大きなウェイトを占めています。

パパ活がカジュアルになってきた昨今とはいえ、街中をおじさんと若い女の子がペアで歩いていたら不自然に見えてしまう可能性があります(~_~;)
皆さんも1回ぐらい見たことありませんか?カフェやレストランなどにいる子綺麗な女の子と冴えないおじさんのペアを。シンプルに親子ということもあるでしょうが、周りから見ると浮いてしまうんですよね。
特にホテルに入るところやロビーで他のカップルと遭遇したら最悪ですよね。

それが兄活では比較的最小限に抑えることが出来ます。男性の容姿次第な部分はありますが、ある程度身なりに気を遣っている男性ならば普通のカップルにしか見えないので「p活っぽい」と思われずに済みます。

仮に知り合いに見られたとして、おじさんと一緒だと「ガチのパパ or パパ活」のどちらかに判断されてしまうでしょうが若めの男性ならば「彼氏、男友達、先輩あるいはガチのお兄ちゃん」と複数の逃げ道があるので一緒にいた人だれ?と言われても適当に返すことが出来るでしょう。このメリットはかなり大きいと思います。

 

メリット②:不倫関係のトラブルに巻き込まれにくい

続いてはこちら。p活をしたことのない女子にとってはあまりピンとこないかも知れませんが、既婚者男性とp活をした場合、相手の奥さんにバレると結構面倒くさいです。

男性は奥さんに対して大っぴらにp活していることを話したりしません。
そりゃ反対されますしねw

いわゆる女の感というやつで奥さんに不倫を疑われてしまうと、その男性だけで無く自分にも害が発生する可能性があります。慰謝料問題になることはあまり考えられないでしょうが、昨今は写真を撮られてSNSに拡散されるとかリスクありますよね。

と言う感じで色々書きましたが、兄活だと既婚者が少ない(当社調べ)のでこのリスクが低いです。特に都内で活動している男性には「結婚なんかしたくないけどお金はあるから遊びたい!」という人も多く、上記のようなトラブルを回避出来るのがメリットです。

 

メリット③:話しやすい

最後はこちらです。
p活は1対1対のコミュニケーションなので、どうやって話を盛り上げて楽しい時間にするか悩みどころです。寡黙な男性だったら自分から話題を振らないと喋らないし、喋らせたところで広げないと面接みたいで堅苦しいし。。

例えばおじさんとお出かけするとして、どんな話題を振りますか?
趣味は?→ゴルフ 仕事は?→普通のサラリーマン 好きな歌手は?→○○(古すぎて知らん)
聞いたところで広げるのめちゃくちゃ難しくないでしょうか。

これが兄活ならば流行りのゲーム・歌手・youtuberなどで話題が合い、話がしやすかったりします。おじさんとでも楽しく話を続けられるコミュ力があるのであれば問題無いですが、自身が無い方はまずは年齢の近い男性と会うのが良いのではと思います。

 

最後に

ここまでメリットだけ書きましたが、相手の男性が若めであるがゆえのデメリットもあると思います。良いところだけで無く悪い部分もまとめて記事に出来たらと思います。

また、皆さんの考えるメリット・デメリットがあればシェアして頂けたら嬉しいです!

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

香港のピンポンマンションで金髪美人を買ったら最高だった話

 

こんにちは。蒼空坊主です。
今回も香港のピンポンマンションについてです。

初めてのピンポンマンション体験は過去に書いておりますので、先にそちらをご覧ください!

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:序章 - 蒼空坊主の女遊びブログ

初めてのピンポンマンションを終えて、安く本番が出来て満足した私ですが、またしても行きたくなってしまいました。
前回はメジャーなマンションである「發利大廈」を訪れたのですが、ひとしきりピンポンを鳴らしたのでどんな女の子がいるのかは概ね把握していました。
香港には他にも沢山のピンポンマンションがあると聞いていたので、新たな出会いを求めて違うマンションへ向かうこととしました。

建興ビルへ行ってみた

そんなわけで今回訪れたのは「建興大廈」です。
ネットで調べたところ、他の方のブログでもオススメとして挙げられていたのでここを選びました。

ネットの評価を見る限り、前述の發利大廈と比較すると以下の違いがあるようです。

  • 相場は安め(400香港ドルで本番出来る子が多い)
  • ♀のレベルは下がる

發利大廈では500香港ドルで本番有りの子が多かったので100ドルほど安いですね。
どんな子がいるのだろうと期待に心とムスコを膨らませながら向かうことにしました。

ちなみにマンションの場所は發利大廈の最寄りから地下鉄で3駅ほど離れたところにあります。近くには有名なショッピング通りもあり、人が賑わっている様子でした。
私は15時ごろマンションに着きました。

ピンポンマンションの仕組みに慣れた私は到着するなり上階からピンポンをしていきました。
ネット評価通りで、レベルは確かに少し下がる様子でした。
上の階には綺麗な子もいましたが、値段を聞くと「500香港ドル」と言われました。

ひとしきりピンポンをして「400香港ドルで遊ぼうと思ったらあまり良い子がいないな〜」と諦めていたのですが、その中で11階か10階に気になるゾーンがありました。

マンションにはほぼアジアの女の子がいましたが、この階にはロシアから来た女の子が何人かいました。
扉には出身地や「800香港ドルと価格が記載されていました。
このマンションの中ではぶっちぎりで高いです...😱

ただ、女の子のレベルはめちゃくちゃ高かったです。
みんなモデルのようなスラッとした身長で顔も小ちゃかったです。
街中で見かけたら「何かのモデルさんかな?」とマジで思いそうなレベルです。

値段が値段ゆえ迷いましたが、「人生で交わる機会なんてなかなか無いだろうな」と考え、買うことにしました。

いざ、開始

というわけで1番自分のタイプだと感じた金髪美人の部屋に入りました。
身長は170cmほどだったでしょうか。顔は小さく整っていて、モデル体型のスタイルですが出るところはちゃんと出ていていました。
有名人で言うと誰に似てる、と言えれば良いのですがパッと出てきませんでした(スミマセン...)。ただゴツい感じではなく日本人好みと思われる顔でした。
これまで日本でのp活を含めると50人以上の女の子を買ってきましたが、ダントツで美人です。
800香港ドルは当時のレートで言うと17000円くらいですが、この値段は安く感じましたね。
ちなみに英語も日本語も全く通じませんので会話を楽しむことは出来ませんでした(ノД`)

サービスの流れは前回の記事とほぼ同じでゴムの上から👄〜本番となります。
若干のやる気の無さを感じつつもそれらを吹き飛ばすほどの顔とスタイルであっという間に果ててしまいました。
何とは言いませんが🦪は毛が無く肌と同様に真っ白でめっちゃ綺麗でした。
また私が果てたときにニコッと笑ってくれたのがとても可愛かったです。

感想

お高めではありましたが、こんな美女と交わる機会を得られて良かったです。
これからピンポンマンションに行かれる方は、まずは現地の女の子を買って試して欲しいと思いますが、予算があればこういった交わりも検討してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで見てくださったあなたに感謝です🙏

 



【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:2/2

 

こんにちは。蒼空坊主です。
またまた前回の続きになります!

 

前回はこちら↓

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:1/2 - 蒼空坊主の女遊びブログ

初めてのピンポンマンションに潜入し、困惑しつつもタイプの女性を見つけ部屋に入りました。今回は実際に受けたサービスについて状況や感想を書いて行きたいと思います!

 

部屋に入ると...

部屋はかなり狭く、6畳くらいの1Rでキッチンは無く荷物置き場とベッドでスペースの大半を占めていました。
その他には壁にモニターがかかっていて外の様子(ピンポンしている男性)が映されていました。(憶測ですが、女性も男性を選んでいて気に入らなければピンポンされても無視しているのでしょうね)

 

ひとしきり辺りを見回したところで、女性にどう接すれば良いか辿々しくしているとトイレに行くよう促されました(相手は日本語はもちろん英語も話せず、私も中国語がわからないので完全にコミュニケーションが取れません)

なぜトイレ?と思いましたが女の子が脱ぎだしたので私もそれにならい服を脱いでトイレへ。
そこで分かったのですが、このマンションはトイレとシャワールームが兼用になっているのです。いわゆるユニットバスとは違い浴槽もありません。
よくある個室トイレにそのままシャワーが付いているイメージです🚿
日本にもこういう物件はあるのでしょうか?文化の違いを感じながらも今から体を洗うんだなと認識出来ました。

 

女の子がシャワーを使って私の体を入念に(竿と袋ばかり)洗っていると、尻を軽く叩かれました。「なんだ?」と不思議そうにしていると女の子が3本指を立てて私に何か聞いているようです。
これは「私の後ろの穴を300香港ドルで舐めてあげようか?」とオプションを提案されていたのです。

私は人生で舐められた経験がなかったので多少惹かれましたが断りました。
500香港ドル出せば他の子と対戦できると考えると割高だなぁと思ったからです。

そして体を洗い終わるとペーパータオルを渡され身体を拭くように指示されました。
当たり前っちゃ当たり前ですが、ちゃんと使い捨てのものを使用しているようです。

 

いざ、プレイ!

ベッドに寝転ぶように指示され私は仰向けになりました。
すると女の子は私に覆い被さる体制になり、私の上半身を舌で撫で始めました。
プロの接客が初めてだったので新鮮でよかったです。

  • ぬら〜と優しく舐める
  • 程よい痛みを感じる吸引

その間の私は女性の体中を触ってました。
こちらから触るのはOKですが舐めたり吸ったりするのはNGっぽかったです。
なんとなく。
そんなやり取りがひとしきり続くと、女の子の顔が私の息子の方に向きました。

するといつの間に準備していたのかゴムを装着し、ゴムの上から咥え始めました。
奥の方まで咥え込んでくれたのでなかなか気持ちが良かったです。

しばらくすると今度はボールの方を舐め、吸い始めました。
私はここを吸われるのが初めてだったので、正直気持ちよさより怖さの方が勝ってしまいました
(ノД`)タマガトラレル~

口でのサービスが終わるといよいよです...!ゴムは一度外し新しいものに付け替えました。
そして彼女が上になる体制でズブッと無事入りました。
プロというのは腰使いが上手ですね、私が殆ど動かずとも良い感じに動いてくれました。

だんだんと気持ちよくなってきたところで体制チェンジです。
正常な体制に変わり今度は私が腰を振り始めました。

そして無事フィニッシュを迎えることが出来ました。

 

プレイ終了

私が果てると彼女はゴムを外し口を縛ったのち息子をティッシュで拭いてくれました。
そしてプレイ前同様にシャワーを浴びました。
服を着ると支払いです。私は500香港ドルを支払って部屋を後にしました。
※基本的にピンポンマンションは後払いのようです。先払いはしないようにしましょう!

 

感想

ということでこれが私の初ピンポンマンション体験ですが、感想としては「選ぶ時間が楽しい、しかし部屋に入ったらササッと」でした。

私の場合は女の子を選ぶのに50分近くかかりましたが、プレイは30分もかかりませんでした。
前編でも書きましたがマンション自体がそういうお店として経営されている訳ではありませんので、プレイする気が無くてもとりあえず女の子を見てみるのも観光の1つかもしれませんね。

また、衛生面にかなり気を使っている印象でした。粘膜同士が接触することはありませんでしたし、事前も事後も入念に体を洗われました。

ちなみに私は旅の間に、今回訪れたマンションで女性を3人、他のマンションで2人と対戦しました。サービスの内容は今回書いた内容と同じでしたがどれもよかったです。

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:1/2

 

こんにちは。蒼空坊主です。
前回の続きになります!!

 

【序章編】はこちら↓

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:序章 - 蒼空坊主の女遊びブログ

 

さてさて、前回はピンポンマンションの概要を説明しましたが、今回は実際に行った状況や感想を纏めていきます。


これから行きたいと思っている方にとって参考になればと思います。
また過去に行ったことがある方は「そうそう、そんな感じだよ〜」と共感して貰えたら嬉しいです^^

また、最後にはおまけとしてピンポンマンションに行くかどうかに関わらず、香港へ行かれる方への旅のTipsも書いておきます。

さて、それでは!!

 

 

發利大廈へ行ってみた

香港には大小様々なピンポンマンションがありますが、その中で最も有名な發利大廈を訪れました。
ここを選んだ理由としては、

  • メジャーな場所なので安心感があった
  • 観光地から近く行きやすかった

という行きやすさからです。
他の方のブログでも写真や行き方などが鮮明に書かれていたので難なく辿り着くことが出来ました。

本記事ではこれらの情報は省きますが、観光客ならば一度は訪れるであろう地下鉄駅から歩いてすぐでした。

マンションは大通りから少し外れたところにはありますが、人通りが多い場所なので治安的な怖さのようなものは感じませんでした。

また、それでいてマンション自体は本当に普通のマンションです。知らない人からするとここがピンポンマンションなんて分かるものではありません。

 

私が訪れたのは15時すぎぐらいでしたでしょうか。
こういった大人のサービス店(厳密にはお店では無いのですが)に入ったことがない私は、マンションの向かいからチラチラ様子を伺っていました。

しばらくすると男性3人組が入って行くのが見えたので意を決して私もマンションに入りました。

 

マンションの中身は...

マンションのに入ると受付の男性が座っていて、その奥に階段とエレベーターがありました。
受付といっても何か私に話しかけるでもなく、ただの管理人のようでした。
(エレベーターの近くにはゴミ出しの注意紙が貼られていたり住民への何かしらの連絡事項が貼られていて、本当に普通のマンションなんだなと実感させられました)エレベーターに乗り込むと他の男性も5人ほど入ってきました。
そして上階に着き扉が開くと...

壁にピンクのネオンが飾られており、いかにも大人のお店だ!という印象でした。
そしてあちらこちらからピンポーンという音が鳴り響いていました。

これがピンポンマンションと呼ばれる所以なのです。
各階各号室の扉に付いているインターホンを鳴らすと女性が扉を開けてくれます。
女性を気に入ったら金額を交渉してサービスを受ける仕組みとなっているのです。
もちろん、気に入らなければさっとその場を立ち去ればOKです。

インターホンの他にも扉に付いているものがあって、

  • 女の子のアピールポイントや金額
  • ピンポンを鳴らして良いかどうか

といったものがあります。
前者は中国語なので分からないものが殆どでしたが、「口👄でのサービスが上手い」とか「店長おすすめ」とかそんな情報が紙で貼られていました。

最終的にはインターホンを鳴らしてサービスを受けるか決めるためあまりこういった情報を吟味する必要はありませんが、金額が表示されていればそれくらいは見ておいても良いでしょう。

また、後者の「鳴らして良いか」ですが当然他の男性のサービス中にピンポンを鳴らされるわけにはいきません。そのため扉に立て札がかかっており鳴らして良いかが示されています。
大きく「Welcome」「Please wait」と書かれているのですぐにわかると思いますよ。

ちなみにこのマンションは1フロアだけで無く殆どのフロア・部屋がそういう場所になっています。そのためすぐに女の子を選ぶのでは無くとりあえずピンポンを押して容姿を把握、キープする感じになっています。なのであちらこちらからピンポンの音が絶え間なく聞こえてきます。私もこれまでの人生のピンポン回数を1日で超えるぐらい押しました(ノД`)

そしてマンションの中は狭く、通路は男性2人がギリギリすれ違えるくらいの狭さです。
早く女性を決めてスッキリしたい男性がギラギラした目で歩き回っていてとてもシュールでした(笑)

 

茶髪の可愛い系の女子に決定!

なかなか相手を決めかねている私でしたが、マンションを歩きすぎて疲れていたので最初の方にキープしていた子の部屋に再訪し交渉をすることにしました。

相手は小柄で可愛らしい子で、スタイルの良い子でした。
メイクは大人びていて悪く言えば化粧が濃いのですが、まあ街中にいるノーメイクの現地の民よりは遥かに魅力的に見えました。

ピンポンマンションにいる女の子は基本的に中国語しか通じないと思われますが、「How much?」ぐらいは通じました。
女の子から「500香港ドル」と言われたのでOKして部屋に入りました。
歴史的な円安と言われる昨今でも1香港ドル=21円くらいだったので、10000円近くで本番が出来ると思えば割安だと感じました。さすが海外。

※あえて確認しませんでしたが、このマンションではデフォルトが本番🙆のようです。扉にNGと書かれていない限りはそのつもりの値段設定と理解して良いと思います。

 

さて、長くなりそうなでプレイの様子は次回に書きたいと思います!
(毎度分割してスミマセン...)
ピンポンマンションに興味がある方に情景が伝われば幸いです。

 

次回はこちら↓

掲載予定

おまけ:夏でも上着はあった方が良いかも

私が訪れたのは5月でしたが、すでに暑かったので薄手の服だけしか持ってませんでした。
しかしながら公共交通機関やレストランなど、一部ガンガンに冷房が効いていてめっちゃ寒かったです。
体温の変化に弱い方は羽織るものを用意した方が良いかもしれません(ノД`)

 

 

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:序章

こんにちは。蒼空坊主です。
最近ブログの更新が遅れておりましたm(._.)m

さて、今回ですが香港&マカオへ行きました。
マカオについてはカジノ目的だったので本ブログでは取り上げませんが、
タイトルの通り、香港で大人の遊びをしたので記事を書きたいと思います👌

ちなみに香港は小さい頃に旅行で行ったきりだったのでほぼ初訪問みたいなものでした。
色々感じたことや旅のTipsみたいなものも書いていきますので何部かに分けて書きたいと思います。
今回はピンポンマンションを訪れる前までの出来事を書きますのでよろしくお願いします。

ピンポンマンションってなんだ?

他の方のブログでも取り上げられているため、「知ってるよ!」という方もいらっしゃる方もいるかと思いますが「性サービスを提供する女性がたくさんいるマンション」です。
見た目は普通のマンションであることが多く、知らない人はここがピンポンマンションと言われても気付かないと思います(-_-)
しかし特定の階・部屋には女の子が待っていて、ピンポンを押して出てきた女の子と交渉してサービスを受ける仕組みとなっています。
また、このようなマンションは1つではなく複数あります。

一部電話予約が必要な子もいる?らしいですが、基本的には上記の通りピンポンを押して出てきた女性を見てサービスを受けるかどうか決めることが出来るのでいわゆるパネマジみたいなが無いのが良いですね。

そして日本と比較すると、いわゆる本番行為が安く行えるので日本人男性の楽しみの1つとなっています(相場とか場所とか詳細はあとで書きます

また、僕の調べる限りは違法では無いので身構えることなく遊ぶことが可能となっています。

コロナ禍で閉鎖された?

色々調べていると「コロナで客足が遠のいた」や「行ったら閉鎖されていた(普通のマンションに変わっていた」といったコメントがSNSにあがっておりました。
結論から言うと現在(2024年)も残っています
元々マイナーだったマンションならともかく、人気の場所は今でも残っており女の子も沢山います。コロナが落ち着いてから行こうと悩んでいる人もぜひ行ってみてください。

公式サイトのようなものはあるがあまり意味がない

日本だと大人のお店の公式サイトがあって、在籍している子の情報を見たり料金を確認したりすることができますよね。
一応ピンポンマンションに関しても公式サイトのようなものがあります。

こちら↓
https://hk.zh141.com/jp/

ただし、ほとんど役に立たないです
理由は掲載されている女の子が明らかに少ないからです。
例えば尖沙咀にある有名なマンションですが、掲載されている女の子は3人程度でした。
しかも部屋番号が書かれていない子も...

これだけ見ると「全然いないじゃん!」となりがちですが、実際に行ってみると50人以上の女の子がいました。
なのでサイトはあくまで場所の把握とか、サービスの内容や値段の参考にするくらいで良いと思います。

さてさて、ここまでピンポンマンションの簡単な概要を書きました。
次回の記事で体験談を書きたいと思います。
下におまけも書きますので旅の参考にしてくださいね。

おまけ:両替はどこでする?

香港はキャッシュレス化が進んでいるため、カード決済が出来る場所が多いです。
しかしながらピンポンマンションや屋台などは現金MUSTとなるため、やはり現地通貨(香港ドル)を持っていく必要があります。

個人的に両替するのに最も適している場所は重慶マンション」です。
このあたりはググっていただければと思いますが、尖沙咀駅出てすぐの場所にあります。
複数の両替所があるのでぼったくられないように有料店を調べてください。
ここなら日本で両替するよりもレート面で優遇されています。

私は日本とこのマンション双方で両替をしましたが、
日本...1ドル22円
重慶マンション...1ドル20円
で買うことが出来ました。

空港から市内までの足を確保するという理由で日本で1万円程度を香港ドルに替えていっても良いとは思います。
よほどタイトな旅で無ければ「日本で最小限の両替+現地の両替」をオススメします。

また、日本でいうSUICA(現地ではオクトパスカード)が売られていますので、こちらを買うことをオススメします。
コンビニやレストラン・ショッピングセンターなどで決済に使えますので、結構便利ですよ!

 

最後まで見てくださったあなたに感謝です🙏
次回はこちら↓

【2024年5月】香港のピンポンマンション(141)で女を買った話:1/2 - 蒼空坊主の女遊びブログ

 



【頂き女子】なぜ騙されるのか?そもそも騙されるって?

こんにちは。蒼空坊主です。

近ごろは「頂き女子」だの「ストーカー殺○」だの物騒なニュースが注目を集めるようになりましたね。
特に最近起こったストーカー殺○事件は衝撃的で、愛車を売ってまでお金を用意したのに振られてしまったと。加害者も被害者も他人だし言ってしまえばありきたりな事件とは思いますが、車やバイクに少し興味があったので思わず「おおっ...」となってしまいました。

このブログは名の通り女遊びブログということで異性との実体験を書いておりまして、p活もやっているので上記の事件から色々と考える1つのキッカケになりました。

ということで今回は男性目線で「どうすれば加害者にも被害者にもならないか」を記事にしたいと思います。

若い頃の失敗は強い

投資にしろ異性にしろやっぱりお金関係の失敗は若い頃にしたほうが良いとつくづく思います。例えば20代のお金の無い頃であれば、失敗してもたかが数十万〜数百万程度でしょう。もともとの所持金が少ない上、借金など個人のレバレッジをフルに使ってもそんな程度でしょう。
そしてそのお金はあとでいくらでも取り戻すことが出来ます。

対して40代・50代でやらかすとリベンジの機会が限られ、資産が多ければ多いほどダメージも大きいです。よくおじさんが言う「若い頃はなんでも挑戦して失敗しろ」は文字通り金言なのかもしれません。

 

当たり前の対策は意味が無い

こういった話題でよく言われるものとして、以下が挙げられます。

  • 予算を決めろ
  • そもそも行くな

主にキャバクラやp活といった女遊びやパチンコなどのギャンブルに対して言っていますが、これらは本質的には効果が無いと思っています。人の心は脆く、少しでも欲が出ると自制が効かなくなる生き物です。

ということで話が長くなりましたが、ここからは異性関係でお金の失敗をしないようにする具体的なアイディアを出してみます。

 

加害者・被害者になるリスクを下げるには

客観的に自分を見る

まずはこちら。自分の置かれている状況は自分では正しく理解できっこありません。
そのため客観的に自分を捉えることが必要なのです。ここでいう客観的というのは要は「第三者に意見をもらいなさい」と言うことです。
しかし男性諸君、もしあなたが夜のお店やp活で出会った女にガチ恋しているとして友人に相談出来るでしょうか?恥ずかしいと言う人もいるだろうし、「それ騙されているよ」と言われても「嫉妬してるだけでしょ」と聞き耳を持てないかもしれません。

そこでおすすめしたいのは、「相手の女性に似てる境遇の人から意見をもらう」です。

例えばガチ恋している相手がキャバ嬢なら他のお店の嬢に。相手がpj(パパ活女子)なら同じような人に、といった具合です。

同じような女性に相談した方がよりリアルな意見を貰えるというのもありますし、だからこそすんなり聞き耳を持てると思います。
それだけで無く、自分自身が複数の女性と関係を持つことで1人にのめり込むリスクも減らせると思います(あの女は確かにいい女だけど他に似たようなのはいくらでもいるよね)。

施しに見返りを求めるな

続いてはこちらです。僕も経験があるわけですが、女の子にご馳走したり何かプレゼントするのって気持ち良いですよね。何かしらの快楽物質が出ていると思います。
これ、非常に危険だと思います。それこそ頂き女子に頂かれてしまう悲しきおじさんになってしまいます。
そして「○○してあげたのに」と恨みに変わり悲劇が起きてしまうのです。

もしあなたが女の子に何か金銭面での施しをするのならば絶対に見返りは求めてはいけません。例えばお金を払えば結婚できるとか見返りがあるのであれば(そんなん無いでしょうが)契約書を書くなど本気度を確認しましょう。

最後に

私なりに考えていることをツラツラと書いてみましたが、結果まとまりが無くなってしまいましたΣ(-᷅_-᷄๑)

せっかく私はp活をしているのですから、次回は金銭面での「p活で失敗しないために」を書いてみたいと思います。

拙い記事ですが最後まで見て頂いたあなたに感謝です🙏