蒼空坊主の女遊びブログ

皆様にとって価値のあるブログを目指します

【パパ活】嫌われがちなパパのNG行動

 

こんにちは。蒼空坊主です。

 

今回はタイトルの通り、嫌われがちなパパのNG行動を書いていきます。

パパ活という半ば無法地帯のように思われる界隈でもやって良いこと・悪いことがあります。

いくらお金を払う立場と言え自分本位な行動をすると女の子に会えなかったり晒されたりといったデメリットがあります。

これからパパ活をしようと考えている人は何を気を付けたら良いかの参考にして頂けたら幸いです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

嫌われるのは何故?

まずは簡単に「どういうことをすると嫌われるのか?」大きく2つに分かれると考えています。

  • 言葉遣いが不適切
  • 過度なスキンシップの要求や交渉

これらはパパ活という立場上、高圧的或いは欲望を剥き出しにしすぎた男性がやりがちです。では具体的にどういったものなのか、シーン別に書いていきます。

シーンその①:出会う前

いきなりタメ語

まずはこちら。特に40代以上の男性に多いです。コンビニやレストランでもいますよね。店員に対して高圧的でタメ語のおじさん。

パパ活ではお金を払う年上の男性とお金を貰う年下の女性の組み合わせがほとんどです。

このため、自分が客だと勘違いした男がタメ語で「会える?」「大人出来る?」とメッセージを送ってしまうのです。

ある程度コミュニケーションを取った上でタメ語は全く問題ないと思いますが、初手タメ語は絶対やめましょう。大体こういった男性は自分が偉いと思っているので安易にセクハラしたり説教したりします。パパ活女子はこのタイプの男性は避けた方が無難です。

パパ活女子の条件を見ていない

続いてはこちら。女性側がエリアを指定しているのに「XXで会えますか?」と言ってきたり健全のみと書いているのに「大人は可能ですか?」とメッセージを送る男性は嫌われます。

どうしても条件違いで会いたいと思っているのならばせめて「条件を見ましたがXXではやはり難しいでしょうか?」ぐらいは書くようにしましょう(健全のみと書いているのに大人させろはさすがに無理筋だと思いますけどね...)

やたら写真を送らせたがる

続いてはこちら。この活動においては身バレを避けたいと思っている人は多いです。

私も兄側としてなるべくビジュアルの良い女性と遊びたいとは思いますが、無理に写真を送らせるのは辞めましょう。どうしても気になるのであればお金を払って顔合わせをしましょう。

 

シーンその②:会っている最中

続いてはデート途中にNG判定されてしまうケースを書いていきます。

顔の見えないメッセージならばともかく、本人の前でも直接失礼な言動をする男性は多いみたいです。

会う寸前に条件を変えてくる

まずはこちら。集合時間の数十〜数時間前にいきなり条件を変えるようなことは絶対に辞めましょう。

健全デートのつもりが急に「やっぱり大人にしない?」とか中には値下げ交渉をするような人もいるそうです。

服装や髪型に文句を言う

メッセージのやり取りはスムーズだったのに、女性と合流した瞬間に服装や髪型に文句を言う男性はNGです。

そんなやついる?と思うかもしれませんが意外と少なくないみたいです。例外として痩せ型と書いていたのに明らかに太めだった、のように女性側に瑕疵がある場合はともかく自分の理想とかけ離れていたが故の文句は絶対に辞めましょう。

服装についてはいわゆる地雷系の服装だと嫌、という男性もいますがこれも直接言うのは辞めたほうが良いと思います。自分だってせっかく好きな服を選んだのに面と向かって難癖をつけられたら嫌ですよね?

スキンシップが多い

続いてはこちら。特に初回のデートで体を触ったりするのは辞めましょう。大人ありきのデートならともかく健全のみデートの場合でベタベタするのは嫌われてしまいます。どうしてもそういったスキンシップをしたいのであれば事前に交渉するようにしましょう。追加料金で手を握るのはOKという女子もいますしね。

 

さいごに

以上、簡単ながら嫌われるパパの特徴を書きました。

さっと殴り書きみたいになってしまいましたので、また追加があれば記事にしたいと思います。

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

 

【実際どうなの?】相席居酒屋で吐くまで飲まされた話 1/2

 

こんにちは。蒼空坊主です。

 

今回の記事のテーマは兄活ではありません。

聞いたことはあるけど行ったことは無かった「相席居酒屋」がテーマです。

 

ネットではサクラしかいないという書き込みを見ましたが、百聞は一見にしかずということで友人と行った時の話をします。

2部構成にしようと思いますが、前半は相席居酒屋そのものの説明が多めになります。

ですので「行ったことは無いけど興味はある!」という方にも見て頂き参考になれば幸いです。

ちなみにコロナ禍以前の話ですので、多少システム等は変わっているかもしれません。悪しからず。

 

まず行こうと思ったキッカケですが、当時は職場でもプライベートでも全くと言っていいほど出会いがありませんでした。

仲の良い友達と街で飲んでいた時に目に入った相席居酒屋の看板を見て「実際どうなん?」と気になったのがキッカケでした。

 

私が住んでいた街には数件の相席居酒屋がありました。

よく通っていた飲み屋街には2件ありました。

片方は全国展開しているお店でもう片方はおそらく小規模ないし複数展開していないようなお店でした。

なんとなく全国展開している方が安心感があったのでそこに行くことに。

 

相席居酒屋のシステム的に1人では入店が出来ません(記憶が確かであれば)

そのため友達と2人で行ったのですが、最初はめっちゃ緊張しました。

誰も気にしていないのでしょうが、大通りに面していたので「あいつら相席居酒屋に行ってるぞ笑」「出会い厨乙」と道ゆく人に思われていないか心配になり、かなりソワソワしてしまいました。

 

入店前に相席居酒屋について調べたこととしては、

・男性は30分1800円で食べ放題アルコール飲み放題(ちょっと値段うろ覚えです...)

 女性は無料(一部メニューは追加料金)

・気に入らない女性と相席になった場合でも30分は移動が出来ない

・リアルタイムの混雑状況や男女比をネットで調べることができる

 

値段に関しては安くはありません、しかしぼったくりって感じもしませんよね。

大酒飲みの先輩にこの話をしたところ、「それで女の子と飲めるなら安いじゃん」と言っていました。

ちなみにお酒はビールや各種サワー、ウイスキーやカクテルもあった気がします。

セルフサービスで作るような安っぽいものでしたが。

ご飯はポテトや唐揚げ、ピラフなど冷食感全開ですが飯食いに行くわけではないのでクオリティは気になりませんでした。

 

また、女性についてはこれから書いていきますが、少なくとも私が訪れた大手の相席居酒屋はサクラはいなかったと思います。

タダ酒飲みつつワンチャン良いメンズがいたらラッキーくらいの女性が多かったかなーと思います。

 

さてさて本題に戻しますが受付をして20分ほど待ってから入れました。

緊張しながらも店員さんに案内され席へ。

ざっと見渡す感じは女性が余っている(男性不在)席の方が多かったです。

 

着席すると目の前には2人の女子が談笑していました。

片方は私的にはドストライク!犬系で少し抜けてそうなおっとり巨newの子、

もう片方は覚えてません、おそらく可愛くはなかったのでしょう。

 

最初の一杯を店員さんが持ってくると店員さんの合図で4人で乾杯をしました。

そして店員さんは去りここからは個人戦です。

相手というより相席居酒屋という空間に緊張していたためガチガチでしたが、とりあえず自己紹介をすることに。

「僕は〇〇です、仕事はXXのようなことをしていて趣味は〜」とDT丸出しの挨拶をすると

犬系の巨newの子が「真面目すぎw」と笑ってくれたのでそこで緊張がほぐれました。

 

そこからは地元トークをしたり学校の話などに花を咲かせているとあっという間に1時間が経とうとしていました。

せっかく初めて相席居酒屋に来たのですから色んな女性と話したいと思い席替えをすることにしました。

※店によると思いますが、私たちが行ったお店ではトイレの近くにある投票ボックスみたいなところに自席の番号を書いていれると店員さんがそれを見て席替えをしてくれました。

 

念の為LINEの交換を終え、ここで楽しくなった私たちは次の席へ。

ここまでは最高の相席居酒屋デビューです。

そして次の席についてから大変なことになるのですが、それはまた後半にて!

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

 

 

【マルチ商法】Amw○y 信者にハニートラップを仕掛けられた件 2/2

 

こんにちは。蒼空坊主です。

 

↓↓前回の続きになります↓↓

aosorabouzu.com

 

本題

続き〜

Facebookで知り合った女性(まりちゃん)に誘われ2度のBBQへ。

そこで保育士あやちゃんを紹介され、BBQから一転「謎の講義」を受けることになるのでした。

 

BBQの後、あやちゃんに指定されたとあるマンションに集合しました。

そこは商業ビルなどでは無く普通の住居用のマンションです。

(後で分かったのですが、リーダー格名義でマンションの1部屋を借りておりメンバーは「オフィス」と呼んで出入りしているようでした)

 

マンションの1室に入るよう促され、小さめの部屋に通されました。

そこは6畳ぐらいの狭い洋室で長めのデスクに4つほどのイスと壁にはホワイトボードといったレイアウト。

しばらくするとBBQ後に着替えたのでしょう、スーツ姿の男が2人入ってきました。

どちらもBBQで指示を出したりしていた中心メンバーです。

 

4人が揃ったところで講義とやらが始まりました。

内容は会社員の収入がどうだの給料のみに頼っているとダメだの、どっかで聞いたな...という感じでした。なんとか父さん。。

 

それでこの人たちは何が言いたいんだろう...と考えていると、リーダー格の男が言いました。

 

「〇〇くんはさ、Amwa○って知ってる?」

 

私は知らなかったので「知りませんね」と返すと何やらカタログを持ってきました。

そしてこういう日用品を取り扱っている、だとかどんな会社でどれぐらい売り上げがあるのか、人に紹介することでボーナスが...だの説明を始めました。

正直これを聞いた時、まったく魅力を感じませんでした。

彼らは電卓を叩きながらもし私が○人に紹介して〇〇円の売り上げがあると〇〇円のボーナスが...と文字通り机上の空論を話し始めたのですが、

 

そんな毎月日用品買わんやろww

 

としか思いませんでした。正直ね。

そして同時に思ったのです。

 

あ、こいつらビジネスの勧誘をするために俺をBBQに誘ったんだな

一気に興味を無くし「あーそっすねー」とかそんな返事ばかりをしていました。

極め付けは洗剤のデモ(気になる人はググってください)を見せられたのですが、実家暮らしで家事をしなかった私には何が凄いのかさっぱりわかりませんでした(笑)

 

そんな話を2時間ほど聞いたのち今日の話は終了となり解散になりました。

特に明確に「一緒にやらない?」とは言われませんでした。

帰りのマンション前で、私をBBQに誘った女(まりちゃん)と遭遇し「どうだった?」と聞かれ、「こいつもやっぱグルなんだ」と思いました。

そして家についてからA○wayについて調べ、世間からの声がどんなものか知り絶対にやらないと心に誓ったのでした。

 

その次の日からあやちゃんから猛烈なお誘いLINEが来るようになりました。

「こないだの話どうだった?」「次また聞きにいこうよ!」「いつ空いてる?」「平日仕事終わってからでもいいよ!」めっちゃくちゃしつこいです。多分そういうマニュアルがあるのでしょう。

のらりくらりかわしていたある日唐突に電話がかかってきました。

 

「今週の土曜日に飲み会やるんだけど来ない?可愛い子いっぱいくるよ!」

 

あんなビジネス勧誘もどきを食らって行く阿呆はいないでしょう。

行ったら今度はしつこく勧誘されるに決まっています。

ただ悲しきかな私は男です。あやちゃん自体もタイプだしそのうえ可愛い子が来るの...?

それまでの講義のお誘いは適当にあしらっていたのに飲み会は行くことにしました。

 

そして車で指定された居酒屋へ向かいました。

やっすい居酒屋チェーン店ですが、宴会予約で30人はいたでしょうか。

広い座敷の部屋に4〜5人用のテーブルが並んでいる部屋に通され、

私と隣にあやちゃん、向かいに40代のリーダー格の男と20代前半くらいの女子という席でのスタートとなりました。

 

リーダー格の男がいるからにはガッツリ勧誘されるものと身構えましたが、そんなことは無くこういうイベントやってるんだよ〜とか海外旅行に行った話だっりと普通の楽しい飲み会がスタートしました。

ちなみにこの時リーダー格の男からあだ名を付けられました。

前回のお話で書いた通りこいつらはあだ名で呼び合う習性があるようです。

 

そんな感じで30分程話をしていたところ、リーダー格の男が他の席に行ってしまいました。

代わりに私と同い年の男がやってきました。BBQで積極的に肉を焼いていた男です。

で、この男はがっつり○mwayの話をしてきました笑

 

「Amwa○は強制じゃないから〇〇は無理にやる必要はないと思う。けど俺は親孝行をしたいし夢を叶えたいからやってるよ」

いやいや(笑)

 

それを聞いた向かいの女子が茶化すように言いました。

「親孝行するほどお金持ってるんだ〜笑」

 

それに対する彼の回答も鮮明に覚えています。

「いや〜お金あったらもっと製品買ってグループに貢献したいよ〜」

 

これでもう察したのです。

このビジネス(笑)とやらは場合によっては自分が製品を買い込まなくてはいけないんだと。

製品を愛用しているような話もありましたが、無理して自爆営業してるだけでは?と。

 

そして飲み会は終盤にさしかかり、何人かは帰宅したようで人は少なくなっていました。

私は相変わらず席は変えずだったのですが、隣には依然としてあやちゃんが。

目の前には机に突っ伏して寝ている女子という構図でした。

もう1席は空いていたと思いますが、あやちゃんが急にこう言いました。

 

「明日って何するの?」

 

うわっ!また講義に連れて行くためのアポとりか?!

ただ急に聞かれたため「いや〜特には...」と曖昧に返事をしてしまいました。すると、

 

「明日また一緒に話聞きに行かない?」と言われました。やっぱりね。

 

LINE上では予定が合わない体でアポとりを躱していた私ですが、つい「え〜...」と

嫌そうな返答をしてしまいました。それを聞いた彼女は私が乗り気でないことを察した上で意を決したのでしょう。

 

「私としては〇〇くんと一緒にビジネスやってみたいんだよね」とストレートに言われました。それだけで無く奥の手を出してきました。

 

「今日一緒にどこかに泊まって、明日2人で話聞きに行くのはだめ?」

 

...え?酔いが覚めるほどビビりました。こいつストレートに色仕掛けで勝負を仕掛けてきたかと。

返答するまで時間かかっていたと思います。

(抱きたい!でもマルチはしたくない!...とりあえず抱いといて用事が出来たフリするか?)

 

そして絞り出した答えが

「いや...今日は帰ります...」

 

こうして運転代行を呼んで自宅に帰りました。

あやちゃんに対しては私をビジネス目的でしか見ていなく、また色仕掛けしてきたことですっかり価値を感じなくなってしまいLINEをブロックし以降は連絡することはありませんでした。

もちろん他のメンバーもFacebookの友達登録を解除しきっぱり関係を切ることにしました。

以上でこの話は終了となります。

 

最後に、この話を友達にしたくても出来なかったと1/2の冒頭で書いたのですが、

その子、のちに僕の親友と結婚しました。

結婚式気まずかったです。。

 

皆さんに伝えたいこと

結局僕はマルチ商法にも女にも手を出すことはありませんでした。

中途半端に終わってしまったこの話ですが、この記事を見てくださったあなたもこういった勧誘に会うかもしれません。

私はBBQが入り口でしたが、社会人サークルやマッチングアプリなどあらゆるコミュニティにマルチ商法は潜んでいます。

慣れ親しんだ友達以外からのお誘いに行くなとは言いませんが、本当に純粋な友達作りが目的か注意しましょう。

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

【マルチ商法】Am○ay 信者にハニートラップを仕掛けられた件 1/2

こんにちは。蒼空坊主です。

 

今回はマルチ商法関連ということで、自分が経験した話を記事にしたいと思います。

仲の良い友達に話したいと思って秘めておりましたが、諸事情があって吐き出せずにおりました(理由は次回説明します)

我ながらしょーもない話ではありますが、こういう手口もあるということで皆さまにシェアさせて頂きます。良かったら最後まで見てくださいね。

 

全ての始まりはFacebookから始まりました。

8年ほど前でしょうか、私は地元の高校を卒業してそのまま地元の企業に勤めておりました。

付き合っていた元カノと別れてから新たな出会いも無く、特に大きなイベントの無い日々を過ごしておりました。

ある日、仕事から帰り家でボーッとしているとFacebookの友達申請が来ていました。

私はそこまでFacebookをやっていたわけでは無く、リア友20〜30人くらいと繋がっているだけだったため、こういった申請が来ること自体が珍しいものでした。

「なんだろう?」と思いながら見ると見覚えのない女性からでした。

歳は4つほど上で私と同じ市に住んでいる普通のOLのようでした。

(まりちゃんと呼ぶことにします)

やたらとBBQやスポーツイベント・女子会の写真投稿が多いこと、そのどれも1000件近くのいいね!が付いており、交友関係が広い人だなと思いながら申請を承認しました。

 

すると友達になって数時間後に

「友達になってくれてありがとうございます!私は〜」と自己紹介のメッセージが来ていました。

私も同じような自己紹介を書いたメッセージを返し、その後趣味や仕事は何をやっているか等のやりとりをしました。

するとまりちゃんから「今週の土曜日に友達を集めてBBQをするから来ないか?」という趣旨のメッセージが来ました。

そんなネットで知り合って間もない仲でBBQに行っても輪に入れるわけ無いのでは...と思いましたが、初めて参加する人が多いBBQなので1人でも大丈夫と言われ行くことにしました。

そんなホイホイ行くなよ...という話ですが、上述の通り当時は彼女がいなかったので出会いを求めていたこと&まいちゃんの投稿していたBBQの写真に可愛い女子がいっぱい写っていたのでつい行ってしまいました。男ってこんなもんです。

ちなみにBBQは当時の勤務先近くで自宅から車で15分程度の場所でした。

そこはよくBBQで賑わっている場所として認知していました。

 

そして当日、BBQ会場へ向かうと目印として指定された場所にたくさんの人だかりが出来ていました。

まりちゃんとは電話をかけつつなんとか合流することが出来ました。

彼女は年上のお姉さんという感じで、女性としては見れませんでしたが優しそうでフレンドリーな印象でした。

 

合流すると早速、肉を焼いていた中心メンバーと思われる数人を紹介されました。

皆やたらと人懐っこい(悪く言えば馴れ馴れしくて失礼な)印象でした。

ガムテープに名前を書いて名札のようにしており、みんな本名では無くあだ名で呼ばれていました。

ちなみに現地には50人以上はいたでしょうが、全員が全員を把握しているのでは無く、私のようにFacebookなどで呼ばれた人や誰かが連れてきた人などがチラホラとグループを作って談笑していました。10代〜20代前半の若者が多く、働いている人もいれば大学生もおり色んな人を呼んでるんだなと驚きました。

中にはクラス違いの高校の元同級生や自分の会社の取引先の社員もいました。

田舎なので若者を沢山集めるとこういうことって結構あるんですよね。

 

この日は特に何も起きず、ただ楽しい1日を過ごすことが出来ました。

中心メンバーで準備から片付けまで全てするとのことで、またお金も払わなくて良いと言われ非常に満足度の高いイベントだったと記憶しています。

帰り際にはまりちゃんから「来週はBBQと運動会やるからおいで〜」と誘われ行くことにしました。

 

そして翌週はBBQ &運動会に参加しこれも楽しく過ごすことが出来ました。

1人で参加した私ですが、気の合う人が沢山見つかり話し相手には困らずLINE交換などもしました。

ちなみに先週より人が多く、MAX100人はいたと思います。そのくらい大規模でした。

 

しばらくするとまりちゃんから、グループのリーダー格である40代くらいのおじさんを紹介されました。

どうやらこういったBBQ・スポーツイベントの企画には中心となる15名前後の人間がおりその中のボスがこのおじさんのようでした。

聞くところによると、このおじさんはこういった若者を集めるイベントを企画する会社を経営しており、そこそこ稼いでいる凄い人(笑)とのことでした。

見た目は浅黒くスポーツをやってそうな優しそうなおじさんで口調も柔らかかったのを覚えています。

 

その後、そろそろ片付けかなというタイミングでまりちゃんに呼ばれ、1人の女子を紹介されました。

この子は保育士をしており、まりちゃんの後輩のような子でした(名前をあやちゃんとします)

私より1つ上でなかなか可愛らしい子で正直タイプでした。

ここで私の面倒はあやちゃんに託されたようで、以降まりちゃんとは殆どやり取りをすることはありませんでした。

 

この段階ではそれがビジネスの勧誘とは知りませんでしたが、まりちゃんのやけに慣れたような口調から、あやちゃんは好意以外の何かしらの目的を持って私に近づいてきたんだなと思いました。会社の教育で使うメンター制度のような...

そしてあやちゃんとお互いの自己紹介をしたのち、意外な言葉が飛び出しました。

 

「〇〇くんって将来の夢ってあるの?」

 

いきなり...夢??BBQ中に何を言っているんだろうか?

私は当時はクラブが好きで、強いて言えば自分のクラブを持ちたい、とかそんなことを言いました。そんな夢もなければ目標でもないんですけどね。

 

あやちゃんは最初は「へー!クラブとか行くんだー!」と言っていましたが

そこから一転...

 

「私ね、最近お金のこととか職業選択の講義を受けているんだけど、BBQ終わったら〇〇くんも一緒に行かない?」

 

はい。今思えば怪しいフラグがビンビンですよね。

ただその日は家に帰る以外の予定はなかったので二つ返事で行くことになりました。

 

その後、BBQの片付けが終わるまでどこかで時間を潰すように指示され、

私は指定された場所の近くの駐車場で時間を潰していました。

 

その間、示し合わせたように30件近くのFacebook申請が一気に来ておりゾッとしたのを覚えています。

そのほぼ全員の顔に既視感がありました。BBQの中心メンバーばっかだ...と。

 

続く↓↓↓

aosorabouzu.com

 

 

 

【PJさん向け】パパ活で避けるべきパパとは?4選

こんにちは。蒼空坊主です。

 

今回はPJさん向け、特にこれからp活を始めようと考えている方に向けての記事になります。

会わない方が良いパパの特徴ということで理由を付けて説明します。

必ずしも避けるべきとは言いませんが、身の危険が生じたり嫌な思いをする可能性があるという点で見て頂ければ幸いです。

 

ちなみにこれはTwitter(X)で募集をする際の話になります。

他の媒体(アプリ)を使う場合でもいくつかは参考になると思いますので見て頂けたら幸いです。

 

それでは!!

 

 

①メッセージが〇〇

1つ目はこちら。ズバリ「メッセージが単調すぎる」です。

これは最低限の連絡しかしない人という意味ではありません。

いつ・どこで・いくらで・何をするのような情報が揃えば最低限の連絡でも良いと思っています。

ここで挙げている単調すぎるというのは、

  • いくら?
  • 会えますか?

のような一言しかないメッセージです。

こういったメッセージを送ってくる人の殆どは他の子にも同様のメッセージを送っている可能性があり、返信しても返ってこないことが多いです。またただの冷やかしで面白がって送ってくる人もここに含まれます。

 

パパの99%は社会人です。

彼らが普段の仕事でメール・メッセージを送る時は5W1Hを踏まえたスマートな文章にしているはずです。

もしあなたに本当に会いたいと思っているのならばスマートな文章でメッセージを送ってくれるでしょう。

 

また、いきなりタメ口で送ってくる人は論外です。

自分はお客様=神様と勘違いしており、会った際に理不尽な要求や高圧的な態度を取られる可能性が高いです。

 

②〇〇がしつこい

続いては「リプライがしつこい」です。

あなたのポスト(ツイート)に対しずっと①のような文章や「DM見てください」などリプライをずっと送ってくるパパ、もしいたらブロックするなり避けた方が良いです。

理由はほぼほぼ①と同じです。

やはり自分がお客様=神様と勘違いしていることが多く、あなたから返信を貰えていないことに純粋に疑問や苛立ちを覚えているパターンが大半です。

そんな人と直接会ったとして、身に危険が及ばないと言い切れるでしょうか?

上記理由から会わない方が良いと思います。

 

ちなみにパパ目線としては

  • 今日の募集は締め切りました
  • 条件送ってくれた人から探します

みたいなツイート(ポスト)があると分かりやすいかなと思いました。

 

③〇〇交渉をしてくる

3つ目は「値下げ交渉をしてくる」です。

特にPJさん側から金額を提示しているのにも関わらず値下げを要求してくる人はヤバいです、避けましょう。

これの何がダメかというと、いったんpjさんの希望額で納得したとしても「会う当日」或いは「直接会ってから」再三値下げの要求をされる可能性があるからです。

またそれだけならまだしも🏨に着いてからゴム有を無に要求されたり脅されたり、と身に危険が及ぶリスクも考えられます。

気持ちよくあなたの希望額を出せないパパは避けましょう、そんなパパはそもそも遊ぶ資格がありません。

 

また、「他の子は◯◯円だったけどね」みたいな話を引き合いに出してくるパパもOUTです。

じゃあその子と遊んでください、とブロックしてしまいましょう。

 

④他のPJに〇〇されている

最後は「他のPJに晒されている」です。

やりとりがスムーズだったり、金銭的に条件の良いだったとしてもTwittetr(X)で相手のIDを検索することをオススメします(もちろん男女限らず)

あなたからは良いパパに映っていても、実は過去に冷やかしで晒されていたりヤ◯逃げするような悪人かもしれません。

アカウントを作り直しているケースでは判別が難しいかもしれませんが、出来る限り下調べをした方が良いと思います。

相手の情報が少なく不安なのであれば実績(他の子と会っていることが確認できるメッセージのスクショ)やお店の予約証明(健全の場合)を貰いましょう。

 

さいごに

以上、簡単ながら避けるべきパパの特徴を4つ紹介させて頂きました。

パパ活自体が男女ともにリスクのある活動ですが、PJさん側の方が抱えるリスクは大きいと感じています。

今回の記事があなたのリスク回避、そして良パパとの出逢いに繋がれば幸いです。

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

 

 

 

【p活失敗談】20代女子を抱くはずがやってきたのはおばちゃんだった件

こんにちは。蒼空坊主です。

今回はタイトルの通り、過去のp活失敗談をブログにしたいと思います。

私はこれまで50人以上の女性とp活を通じて遊んできましたが大きなトラブルも無く過ごしてきました。

その中で1つこれは失敗だったなぁという出会いがありました。

 

それがタイトルの通りです。

20代女子と年齢詐称をしたおばちゃんが現れたのです。

 

それはそれはある土曜日の朝でした。

私は1週間ぶりにp活(🏨)したいなと思いTwitter(X)で募集を行いました。

しかしながらその日は珍しく誰からもDMが来ませんでした。

普段は自分から声をかけることはせず、募集のポストに反応をくれた女子の中から選ぶようなスタイルでp活をしていた私ですが、なかなかヤらせて頂ける方が見つからないため自分から声をかける方向にしました。

 

自分が住むエリアで検索を行っているとちょうど良い感じで募集をしている女子がいました。

うろ覚えですがプロフィールを要約すると「24歳細め、大人2万」といった条件でした。

普段は18〜22歳くらいの女子と遊んでいる私ですが、たまには年増の女性でも良いかなと思うようになりました。

プロフィールの写真は年齢相応くらいの顔(マスク有)で落ち着いた感じのコートを着ている写真でした。

事前のリサーチ(アカウントIDで検索し他の男性から批判されていないか・写真は盗用ではないか)も済ませ「今日はこれで良いや」となった私はその女子にDMを送りました。

 

しばらくすると返信があり、その日のお昼過ぎに会うことになりました。

◯時にコンビニ集合する流れになり、無事に約束を取り付けることが出来ました。

ややメッセージが単調だなと感じながらもこの時点では特に気になりませんでした。

 

そして約束の時間になったころ、私はそのコンビニに到着しました。

すると「冷やかしで無いことを確認したいので写真ください」と言われコンビニの写真を送りました。

次に「服装の写真も送ってください」と言われ送りました。ちなみにこの時点で約束の時間を10分以上過ぎてます。

 

徐々に苛立ちが募る中、1人の女性に声をかけられました。

「◯◯(私)サンデスカ?」

そこに居たのは...

 

どうみてもおばちゃんでした。

マスク越しとは言え、目と声で分かるこれは40代。

目のメイクで分かるんですよね。どう見ても私より年下には見えない...

繁華街にいるキャッチのおばちゃん、と言えばわかる方いますでしょうか?

オニィサン、マッサージ」とか言って話しかけてくるアレ。

それか高校の卒業式に来ている誰かのお母さんみたいな...

 

顔を見て私は心底萎えてしまいました。

遅刻+年増のWパンチは耐えられませんでした。

 

とりあえずホテルへ向かう流れになりトボトボと歩を進めているとタメ語でガンガン話しかけてきました。

「こういう(p活)コトは良くやるの?」「この場所が多いの?」「道路渡る?」

もう答える気力がありません。シカトしたり適当に流していくと気付いたらホテル街です。

 

これも経験かなと、つまりそのまま抱くことも考えムスコとも会話してみたもののどうしても無理でした。

20代前半くらいならば多少好みでなくとも頑張れる私ですが流石にこれはムリだ。

可愛いとか可愛くないとかそんな次元の話じゃないのです。

顔を見ただけで萎えているのに、服を脱いだらもう吐くかもしれないぞと。

 

そして私は決断しました。

逃げよう

 

絶頂してもいないのに賢者タイムのような集中力を得た私はどうすれば逃げられるか、それだけに意識を集中させていました。

この段階でおばさんが何か喋っていたような気もするのですが耳に届いていません。

すると目の前に公衆トイレが見つかりました。それから斜め向かいにはコンビニも。

 

すかさず私は「トイレ行ってくるから、寒いしコンビニで待っててもらえる?」と言いトイレに行くフリをしてこそっと逃げて帰りました。

その後は一応礼儀かなと思い「年齢嘘ついているでしょ?ムリだから帰るわ」とメッセージを残しブロックしました。

 

とまあ話はこれで以上になります。

そのまま🏨に行けばそれはそれで面白い話が出来たかもしれませんが生理的に受け付けられませんでした。

後日談としてそのおばちゃんのアカウントを除いたところ、懲りずに募集を続けているようでした。他の男性にも逃げられたりドタキャンされているのか「冷やかし多い〜」と呑気にポストしていました。

 

今回は事前のリサーチをしたにも関わらず大外れを引いてしまいました。

どうしたら回避できたのか考えて対策があれば皆様にもシェアさせていただきたいと思います。

 

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏

 

 

 

【あるある?】パパ活女子に聞いた実際にあったトラブル

 

こんにちは。蒼空坊主です。

今回は「パパ活」についてPJ(パパ活女子)から聞いた実際に遭ったトラブル事例を紹介します。

私自身はこれまで何十人というPJさんとお会いしてきましたが、比較的大きなトラブルは無く遊んできました。

しかしお会いするPJさん側は色々トラブルに遭遇したらしく私に話してくれました。

こういう危険もあるかもしれませんよ、ぐらいで見て頂けたら幸いです(´∀`)

 

それでは!

 

 

トラブル①:後払いで逃げられた

まずはこちらです。

これは私の定期さんが過去に経験したことらしいのですが、「今は持ち合わせがないから後で払うよ」と言われて逃げられたそうです。

Twitter(X)で検索すると同様の被害にあったPJさんをチラホラ見かけました。

主に大人をする時に被害に遭う確率が高いようです(比較的高額だからなのか?)

 

防ぐ方法としては「先払いさせる」しか無いと思います。

「お金先に払ってください」と直接言いづらい方もいるとは思いますが、被害に遭わないためにも先に払わせるようにしましょう。

 

トラブル②:会う直前で条件を変えられた

続いてはこちら。

これも私の定期さんの実例ですが、会う日付を決めて内容と金額を決めて...身支度を整えたくらいのタイミングで相手からメッセージが来たそうです。

 

「(健全の予定が)やっぱり大人は出来ませんか?」

「手と口だけで良いのでダメですか?」

「早く終わるので1.5に値下げできませんか?」etc...

 

断りの返信をしたとしても、こういったパパは十中八九しつこく交渉してきます。

メッセージだけなら良いのですが直接迫られたら怖いですよね。

ですのでこういった直前で条件を変えてくるようなパパとは会わない方が良いと思います。

 

また、Twitter(X)で相手のIDなどで検索すると同様の被害にあったPJさんが注意喚起をしている場合があります(他のトラブルも同様に)。なので会う前に一度はIDチェックをすることで遭遇する確率を下げることが出来るかもしれませんね。

 

トラブル③:何もしていないのに晒された

続いてはこちらです。

かなり特殊ケースなので被害に遭う確率は高いかもしれません。

 

あなたがパパに対して何かやらかしたのであれば晒されても仕方ないのかもしれませんが、私が出会ったPJさんは身に覚えのない晒しを受けたそうです。

 

内容としては「性病持ちである」という根拠の無い晒しを受けたそうです。

さらに、そのPJさんのフォロワーにも同様のことを触れ回ったりして活動が思うように出来なくなってしまったそうです。

 

これに似たケースを何回かTwitter(X)で見たことがあるのですが、これの原因は「パパの嫉妬」であることが多かったりします。

例えばメッセージに返信していなかった、とか他のパパと楽しそうに遊んでいた、とかですね。

パパ活では男性が歳上であることが殆どかと思います。心の中ではPJさんを見下している男性は「歳下の女性」にプライドを傷付けられることに耐えられません。そのためこう言った奇行に走るのかなと。そんな気がします。

ブロックしてもアカウントを変えて執拗に攻撃してくる暇おじもいるそうです。

これに関しては対処法が思い浮かばない私ですが、場合によっては法的措置など検討された方が良いでしょう。

 

トラブル④:遠目で見てブロックされた

最後はこちらです。

時間になっても待ち合わせ場所に来ないな…と思いきやブロックされたりドタキャンされたりといった被害ですが少なくは無いようです。

これについてはただの冷やかしの可能性もありますが、パパが遠目から品定めをしていてあなたがタイプの女性で無かったためキャンセルした、というケースが考えられます。

 

先にパパに服装の写真を送らせる、とか自分の写真はなるべく送らないといった対策があります。とはいえ男性目線で言えば正直直接見てから決めたいと言うのも多少は共感は出来るんですけどね(°_°)

 

ということで私がPJさんから聞いたトラブルを4つほどご紹介させていただきました!

皆さんに良い出会いがあることをお祈りしています。

最後まで見てくれたあなたに感謝です🙏